ご由緒

粟嶋堂のご由緒

蕪村の句碑
娘の病気平癒祈願に訪れた
与謝蕪村が詠んだ句
「粟嶋へ はだしまゐりや 春の雨」

粟嶋堂は西山浄土宗に属する宗徳寺境内のお堂です。昔より「あわしまさん」と呼ばれ、親しまれてきました。宗徳寺は応永年間(1394〜1427)に行阿上人がこの地に開山し、ご本尊は阿弥陀如来です。粟嶋堂は宝徳年間(今から約600年前)に南慶和尚が紀伊の国、淡島にて虚空蔵菩薩像を感得せられて上洛の途上、俄かにこの辺りで重くなったのを、ご神意として鎮守・粟嶋明神としてお祀りしたのが始まりといいます。
江戸時代には粟嶋明神の霊験は広く伝わり、孝明天皇、光格天皇は度々ご代参され、歴代の后妃も篤くご信仰されました。また俳人の与謝蕪村や文人画家の富岡鉄斎も当堂にお参りし、今もその足跡を残しています。

神さまと仏さま

粟嶋堂鎮守

本地佛
垂 迹

虚空蔵菩薩
少彦名命

ご利益 諸病平癒
男女腰から下の病・婦人病の平癒
安産・子授け 良縁結び 不老長寿
その他、女人一生のご守護

宗徳寺本尊

↑このページのTOPへ

年中行事

粟嶋堂の主な年中行事

11月3日 大般若転読会

5月5日 柴燈大護摩供

1月3日 新春祈祷会

↑このページのTOPへ

境内散歩

写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

納骨堂への小径

蕪村句碑

粟嶋堂神殿

賓頭盧(びんずる)尊者

南門(駐車場入口)

正面門

受付所

気安くお参りください

↑このページのTOPへ

交通案内

電車の方へ

JR京都駅を出て、西へ徒歩10分。

お車の方へ

お車の方は門をくぐって境内にご駐車ください。

午前9時から午後5時まで、毎日開門しています。

粟嶋堂宗徳寺

〒600-8257
京都市下京区三軒替地町124
TEL/FAX:075-371-2332